放課後等デイサービス支援事業は、事業所で働く支援者の方々とともに、子どもたちにとってのより良い支援を考えていく京都市の事業です

法人名義

書籍紹介

参考になりそうな本を集めてみました。
なるべく京都市が所蔵している本から紹介しており、京都市図書館にリンクしています。

あいちゃんのひみつ

竹山 美奈子/取材・文 -- 岩崎書店 -- 2020.3 -- 33p

ダウン症をもつあいちゃんの、ママからのおてがみ

ダウン症をもつ女の子、あいちゃん。ゆっくりだけどいろんなことができるようになってきた、あいちゃんは、特別支援学校から地元の小学校に転校し…。ダウン症の特徴や原因、接し方が「なるほど」とわかる絵本。

#ダウン症候群 #親子関係 

重い自閉症のサポートブック

高橋 みかわ/著 -- ぶどう社 -- 2011.2 -- 159p

「真似っこする力」がほとんどない、知的な遅れをともなう自閉症の子どものためのサポートブック。常同行動、かんしゃく、パニック、自閉傾向サインなどのとらえ方や、日々の生活に密着したサポート方法を紹介する。

#自閉症 #ASD

わかる社会人基礎力

島田 恭子/編著 -- 誠信書房 -- 2019.11 -- 10,190p

人生100年時代を生き抜く力

大学の教養科目のひとつである「社会人基礎力」を、関連する心理学・社会学・経営学等の理論も含め、学生と等身大の主人公「基礎まなぶ君」とともに学べるテキスト。「先輩からのエール」も掲載する。

#アクション #チームワーク #シンキング

すずちゃんののうみそ

竹山 美奈子/文 -- 岩崎書店 -- 2018.1 -- 33p

自閉症スペクトラム(ASD)のすずちゃんの、ママからのおてがみ

すずちゃんの動きは、へんてこりん。その理由は…。自閉症スペクトラムのすずちゃんの代わりにママが書いた、保育園のお友だちと先生へのお手紙。自閉症の主な特徴も解説する。見返しに奥付あり。

#自閉症スペクトラム #ASD

ちいさなあなたへ

アリスン・マギー/ぶん -- 主婦の友社 -- 2008.4 -- [40p]

主婦の友はじめてブックシリーズ

親でいることの幸福、喜び、不安、痛み、そして子どもへの思い-。普遍の真実がシンプルな言葉で語りつくされる。すべてのおかあさんとその子どもたちに贈る、母であることのすべてがつまった絵本。
原タイトル:Someday

#親 #母

発達障害の子の指遊び・手遊び・腕遊び

木村 順/監修 -- 講談社 -- 2013.9 -- 98p

遊んでいるうちに手先が器用になる!

手先の不器用さの背景には、指・手・腕・体のさまざまな機能の、発達のつみ残しがひそんでいる。手の働きについて解説し、子どもの手先の器用さを育てる15種類の遊びを紹介する。

#発達障がい #遊戯 #感覚統合

伴走型支援

奥田 知志/編 -- 有斐閣 -- 2021.8 -- 8,199p

新しい支援と社会のカタチ

ひきこもり、8050問題、ゴミ屋敷、生活困窮、子どもの貧困…。深まる社会的孤立に、つながり続ける支援を! 伴走型支援の基本的な概念や課題、価値、可能性から、これからの支援のあり方、社会のあり方までを論じる。

#社会福祉

自分たちで創る現場を変える地域包括ケアシステム

竹端 寛/編著 -- ミネルヴァ書房 -- 2015.3 -- 11,194p

わがまちでも実現可能なレシピ

地域包括ケアシステムを誰がどう創っていくのか。専門職が各現場で起きている課題の背景を読み解き、要因を分析した上で、各現場固有の解決方策を見つけ出していくボトムアップ方式を示す。

#地域包括ケア #社会福祉   

世界最高の話し方

岡本 純子/著 -- 東洋経済新報社 -- 2020.11 -- 253p

1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール

世界のスーパーエリートに学び、「伝説の家庭教師」として、トップリーダーだけに伝授してきた「人の「共感」と「信頼」を勝ち取る話し方の最強方程式」を紹介。リモートで役立つ即効ノウハウも盛り込む。

#話しかた #伝える

まんが やってみたくなるオープンダイアローグ

齋藤環・水谷緑/著 -- 医学書院 -- 2021.3 -- 270p

対話さえ続けば、あとはなんとかなる!

6編の物語と4章の解説で、オープンダイアローグのエッセンスを2時間でつかめるよう構成しました。どうしたら対話を続けることができるのか、なぜ計画を立ててはいけないのか、調和を目指さないとはどういうことか。現時点で世界一わかりやすい「入門書」です(断言! )。

#オープンダイアローグ #集団療法

トヨタの会議は30分

山本 大平/著 -- すばる舎 -- 2021.4 -- 215p

GAFAMやBATHにも負けない最速・骨太のビジネスコミュニケーション術

嫌われることを恐れない、無駄な議事録はつくらない、口2耳8で喋りすぎない。読めるけれども空気を読まない…。トヨタ自動車で実践されていた会議術や部下指導法、ビジネスコミュニケーションのノウハウを紹介する。

#コミュニケーション #会議 #部下指導方法

アンガーマネジメント見るだけノート

安藤 俊介/監修 -- 宝島社 -- 2021.8 -- 191p

もう怒りで失敗しない!

怒りを味方につけるために理解しておきたい、怒りのメカニズムと特徴を解説。また、「コミュニケーションの改善」「衝動のコントロール」といった怒りへの対策を、イラストとともにわかりやすく説明する。

#アンガーマネジメント #怒り

文字の読めないパイロット

高梨 智樹/著 -- イースト・プレス -- 2020.8 -- 222p

識字障害の僕がドローンと出会って飛び立つまで

小学生のころから読み書きに遅れが生じ、中学生で識字障害と診断。一方で、ドローンと出会い全国大会で優勝するほどの腕となる。18歳でドローン操縦・空撮会社を立ち上げた著者が、これまでの日々を振り返る。

#ディスレクシア #識字障がい

仕事が速いのにミスしない人は、何をしているのか?

飯野 謙次/著 -- 文響社 -- 2017.2 -- 271p

共有のカレンダーでダブルブッキングを撲滅、受け取る人に親切なメールの書き方・送り方、「知らないこと」への正しい対処法…。効率よく、ミスなく仕事を進めて、仕事のスピードと質(仕上がりや正確さ)を高める方法を紹介。

#仕事術 #能率性

家庭で無理なく楽しくできるコミュニケーション課題30

井上 雅彦/編著 -- 学研教育出版 -- 2010.5 -- 205p

ことばを育てる 「思い」を伝える

自閉症のある子どもの保護者が、家庭療育に取り組む際に役立つABA(行動応用分析)のうち、ことばを中心としたコミュニケーションスキルに関するプログラムとその教え方をまとめる。

#コミュニケーション #自閉症 #ABA

発達障害

本田 秀夫/著 -- SBクリエイティブ -- 2018.12 -- 223p

生きづらさを抱える少数派の「種族」たち

発達障害は「病気」というよりも「選好性の偏り」と考えるほうが、当事者を理解できる。臨床経験30年以上の精神科医が、発達障害の人の行動や心理、支援の方法などを、さまざまな例をあげながら解説する。

#発達障がい 

LDの子の読み書き支援がわかる本

小池 敏英/監修 -- 講談社 -- 2016.9 -- 98p

イラスト版

ひらがなの読み、漢字の読み書き、文章読解…。なぜ練習してもできないの? 子どもの悩みにあわせた、家庭でできる読み書き支援法を厳選紹介。子どもにあった、学び方を見直すヒントが満載。

#学習障がい #国語教育

図解組織を変えるファシリテーターの道具箱

森 時彦/編著 -- ダイヤモンド社 -- 2020.10 -- 10,166p

働きがいと成果を両立させるパワーツール50

チームや職場の働き方を変えて成果を高めるには、自由でオープンな話し合いが欠かせない。そんな場づくりに役立つパワーツール50の要点を4ステップでわかりやすく解説する。

#ファシリテーション #経営組織

アイツだけ、ずるい!

NHK Eテレ「u & i」制作班/編 -- ほるぷ出版 -- 2021.1 -- [40p]

u & iえほんシリーズ 公平性

転校生のユウくんだけ、学校でタブレットを使っているのがずるいと思っていたアイくん。もやもやする気持ちから、シッチャカとメッチャカの世界にやってきて…。NHK Eテレ「u & i」を書籍化。

#ディスレクシア #LD

ヤンキー君と白杖ガール

うおやま/著 -- KADOKAWA -- 2019.1 -- 194p

弱視という身体障がいを持つ少女にとってのフツウの世界

読み始めたときは、またお涙頂戴的な奴か…と思ってたのですが、ギャグチックな展開の裏に、しっかりとした『生活弱者側の視点』というものがあり、いろいろと気づかされる作品となっています。

現在放送中のドラマ「恋です!」の原作です。

#ローヴィジョン #視覚障がい

自分を変えたい人のためのABCモデル

今本 繁/著 -- ふくろう出版 -- 2016.4 -- 7,210p

教育・福祉・医療職を目指す人の応用行動分析学(ABA)

はじめて応用行動分析を学ぶ教育・福祉・医療職を目指す人が簡単に理解し、実践できるよう考案されたABCモデルのテキスト。行動分析学の視点から見た行動の捉え方とその実践方法を解説する。練習問題も掲載。

#ABA #応用行動分析学

かんもくって何なの!?

モリナガ アメ/著 -- 合同出版 -- 2017.5 -- 211p

しゃべれない日々を脱け出た私

話せなかったのは「自分が弱い」せいじゃなかった-。場面緘黙症だった著者が、緘黙が始まった幼稚園時代から話せるようになった今までの、自分の身に起きたことを漫画で描く。解説も収録。『pixiv』掲載を書籍化。

#場面緘黙症

チックはわざとじゃないんだ

マル・レスター/著 -- 大月書店 -- 2015.11 -- 47p

トゥレット症候群・わかって私のハンディキャップ

チック症状があって、運動チックと音声チックの両方が、1年以上続いている「トゥレット症候群」。チックが起きるとどんな気持ちなのか、周囲にどう助けてほしいか。子どもの視点でトゥレット症候群について訴える。
原タイトル:Can I tell you about Tourette syndrome?

#チック #トゥレット症

自閉症児と絵カードでコミュニケーション

アンディ・ボンディ/著 -- 二瓶社 -- 2006.7 -- 10,175p

PECSとAAC

話し言葉によるコミュニケーションに重度の困難のある自閉症をはじめとした子どもや大人の特徴のいくつかを説明し、拡大・代替コミュニケーションシステムであるPECSを詳しく紹介する。
原タイトル:A picture's worth

#ASD #コミュニケーション #PECS #AAC

発達障害・脱支援道

廣木 道心/著 -- 花風社 -- 2021.1 -- 212p

笑顔と自由に満ちた未来のためにできること

発達障害の「いわゆる問題行動」は治さないと大変なことになる。自閉症・発達障害の我が子を持つ親バカな父が、育児・介護士・施設長を経験して見た障害福祉の世界について語る。

#発達障がい #自閉症 #育児

ひかり、あじ、おとがイタイんです

フミヤ/語り -- ほるぷ出版 -- 2021.2 -- [32p]

ふつうは、人の数だけある。

食べ物を口に入れたときの感覚や身のまわりの音の聞こえ方が人とは違うフミヤさん。そのことで苦しんでいたフミヤさんは、自分の話を聞いてくれる先生と出会い…。NHKEテレのアニメーション絵本。

#発達障がい #知覚過敏  

リエゾン ―こどものこころ診療所―

ヨンチャン/竹村優作/著 -- モーニング・講談社 -- 連載中 --

週刊誌の「モーニング」で連載中の漫画です。DV(家庭内暴力)や児童虐待事件が世間を賑わせ、大人も子供も生きづらさを抱える現代――。心の痛みをなくし、笑って生きるためには何が必要なのか。医療、行政、家庭や教育……その現場で奮闘する人々を描きます。

コミックが出版されました。

#発達障がい #児童精神科